日本在宅ホスピス協会のご案内

日本在宅ホスピス協会会則

平成23年4月1日改正

第1条(名 称)
本会は、「日本在宅ホスピス協会」と称する。

第2条(目 的)
本会は、在宅ホスピスケア(活動)の、そのあり方を研究し、その普及
発展及びその実施の支援を目的とする。

第3条(会 員)
本会は、在宅ホスピスケアに携わっている、あるいは関心があり、本会の
目的に賛同する看護職、医師、ソーシャルワーカー、ケアワーカー、ボラ
ンティア等で、本会に入会した者をもって構成する。

第4条(事務局)
本会の事務局は、本会会長の定める場所に設ける。

第5条(事 業)
本会は、目的達成のため次の事業を行う。
1. 在宅ホスピスケアの実践のための援助活動
2. 在宅ホスピスケアに関する研究活動
3. 一般の人々を対象にした教育活動
4. 在宅ホスピスケアを志す医療者の育成
5. その他、本会の目的に添った活動

第6条(会 計)
本会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってあてる。
本会の会費は、以下のように定める。
〈入会金〉 2,000円
〈年会費〉
1. 個人会員  3,000円
2. 賛助会員 30,000円
3. 法人会員 60,000円

第7条(会計年度)
本会の会計年度は、4月1日に始まり、3月31日に終わる。

第8条(役 員)
本会には、次の役員を置く。
1. 会 長   1 名
2. 顧 問   若干名
3. 事務局長  1 名
4. 世話人   若干名

第9条(役員会)
1. 役員会は会長、顧問、事務局長、世話人により構成する。
2. 役員会は会長が随時招集開催する。

第10条(入退会)
1. 本会の会員は、本会の趣旨に賛成し、入会を希望した者で役員会より
その入会を承認された者とする。
2. 会員は、第6条の会費を定められた時期迄に支払う。
3. 会員は、事務局に届け出て、何時でも退会することができる。

第11条(会長、事務局長)
1. 本会の会長は、本会を代表し、総会、役員会を招集する。
2. 事務局長は、会長の委託のもとに本会の事務を掌握し、その遂行により
本会の財産を保管し、一切の会計事務を処理する。

第12条(役員の選任)
1. 役員の選出方法は、次のとおりとする。
会長は、総会において会員の中より多数決により選出される。
任期は2年として、再選は妨げない。
2. 事務局長、顧問、世話人は、会長が任命する。
任期は2年として、再選は妨げない。
3. 事務局長、顧問、世話人は、役員会にて辞めさせることができる。

第13条(退会判定)
会員に下記事由が存するときは、役員会において退会させることができる。
1. 会費を1年以上未納の者
2. 本会の趣旨に照らして、不当な者と認められた場合。

第14条(総 会)
総会は全会員によって構成され、下記の事項を決議する。
1. 会計、事業報告、次年度事業計画、年度予算、会長の選任、その他運営
に必要な事項。
2. 定時総会は年1回開催する。
3. 臨時総会は会長、事務局長によって構成する役員会において必要と認め
たとき、又は会員の3分の1以上の要求があったときに開催する。
4. 定時総会、臨時総会の定足数は定めず、出席者の過半数をもって決定
される。

第15条(委員会)
役員会において、必要ある場合は、会員により構成される委員会を設置することができる。

第16条(会則改正)
この規約は、総会の3分の2以上の賛成により改正することができる。

 

付 則
1. この会則の遂行に関し、必要な会則は役員会にて決めることができる。
2. 本会則は、平成23年4月1日から実施する。

Return Top