ニュースレター

第154号ニュースレター

 日本在宅ホスピス協会です。短い春が終わり、暑い夏日が続いておりますが…皆様、いかがお過ごしでしょうか? 今回のニュースレターは、待ちに待った全国大会のお知らせを含めて、盛りだくさんでお届けいたします。

 まずは、4月より新しく役員になっていただいた先生をご紹介します。

<医師>
北斗病院  蘆野吉和(北海道)

秋谷潮かぜ診療所  西村京子(神奈川)

 今回、役員になっていただいた蘆野先生は、現場で活動してきた人を核とする人材育成等の地域緩和ケア普及プロジェクトをご発案されるなど大変活躍されていらっしゃいます。

 今回のプロジェクトは・・・
 2016年から開始し、最初はがん疾患と医療職に限定したプログラム、次にがん疾患と介護職に限定した育成プログラム、その次に非がん疾患に拡大した医療職・介護職のプログラムと在宅専門緩和ケアチームのプログラム、そして最後は在宅ホスピスボランティアの育成プロプログラムを順に作っていく企画で約3-4年間の企画だそうです。

 これまでの日本で行われてきた緩和ケア研修会とは違い①医療を受ける「患者」を対象とするのではなく、「地域の中で生活する人」とその家族対象とすること②研修の対象は地域の医療職・介護職・行政担当者・あるいは地域住民であること③研修内容は「病院完結型の緩和ケア」ではなく「地域完結型の緩和ケア」であることなど、むしろ本来の緩和ケアの研修内容を組み込んでおられます。そして、これらのプログラムによる人材育成により、どのような病状においても、本人家族が「この地域で生きてきてよかった」と思える地域社会が現実化することを目標とした「地域づくり」のためのプロジェクトとの事です。THPも入っています。

 ワーキンググループに参加したい!と思われる方は是非、事務局までご連絡お願いいたします。HHAより推薦させていただきます。


 お待たせしました!!今年の全国大会in大崎(宮城県)のお知らせです。今回は『人はいつからでも生き直せる』を大会のテーマに2016年9月30日(金)、10月1日(土)、2日(日)本州一の温泉の横綱と呼ばれる鳴子温泉・鬼首・大崎市で開催します。

2008.6.14 岩手・宮城内陸地震 震度6弱
2011.3.11 東日本大震災 震度6強
2015.9.11 宮城県大崎市渋井川堤防決壊

 度重なる災害に決して負けなかった大崎で“あきらめずに、つながり、支え合い”在宅医療、緩和ケア、在宅ホスピスケアに尽力されている穂波の郷クリニック 三浦正悦先生に大会長をお願いします。

  9月30日(金)は高原の大自然の中で、癒しの温泉と前奄美大会から募った在宅へのホットな思いを語り合うウェルカムパーティー。
  10月1日(土)の市民公開講座 第一弾は、早朝より岩手県ご出身の厚生労働省大臣官房審議官・武田俊彦さん・秋田県ご出身の暮らしの保健室室長の秋山正子さんにご講演いただきます。

 その後、三浦大会長より大会テーマ「人はいつからでも生き直せる」講演。東日本大震災から5年あまり被災地域での地域医療について貴重なお話がいただけると思います。

 分科会1は、「東日本大震災に何を学んだか?~今、伝えたいこと~」座長は、谷山洋三さん、横山成邦さん、パネリストは、長純一さん、金田諦應さん、吉川由美さん。多くの生命が失われ、何万人の人々が家や仕事場、公共施設を同時に失った被災地の現在に至るまでの問題・メディアで報じきれない活動を語っていただきます。

 分科会2は、「緩和ケアとは本来何なのか?~生きるためのケアに向けて~」座長は、蘆野吉和さん、谷藤正人さん、パネリストは、中島孝さん、ニノ坂保喜さん、中村順子さん。不治の病や難病の患者に対するホスピス緩和ケアの意義について事例を紹介いただきながら、緩和ケアについてお話いただきます。

 分科会3は、哲学カフェ「死を目前にした人に寄りそうとは?」座長は、西村高宏さん、ファシリテーション・グラフィックは、近田真美子さん。穂波の郷クリニックで行われている哲学カフェを在宅ホスピス協会全国大会バージョンに拡大して行っていただきます。

 分科会4は、「緩和ケアにおけるリハビリの意義」座長は、安部能成さん、基調講演は、余宮きのみさん、パネリストは、阿部太哉さん、橋本典之さん、染谷明子さん。死に到る寸前まで喪失感を受け止めながら、緩和ケアにおけるリハビリをどのように展開すればいいのか、実践報告をもとにお話いただきます。

 10月2日(日)は、市民公開講座 第二弾1国際医療福祉大学大学院教授・大熊由紀子さんに講演いただき、その後、日本在宅ホスピス協会 会長小笠原より講演をさせていただきます。

 大崎エリアや被災地をめぐるミニツアーの企画いただきました。Aコース:緩和ケア支援センターはるか「がんサロン」参加体験。Bコース:鬼首・野趣あふれる露天風呂体験。Cコース:伊達家の文化体験ツアー。Dコース:被災地 南三陸町視察ツアー。

 大会参加申込し込み方法は、http://www.attaka-net.org/より申込用紙をダウンロードしてご記入の上、FAX:0229-25-5812または、hha.info.osaki@gmail.comまでお送り下さい。何かご不明な点がございましたら、穂波の郷クリニック内 全国大会事務局TEL:0229-25-5811にお願い致します。日本在宅ホスピス協会への入会も随時受付ております。入会に関しては、日本在宅ホスピス協会ホームページをご覧下さい。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


 続いては、栃木県にある“在宅ホスピス とちの木”でホスピスケアに積極的に取り組んでいらっしゃる渡辺邦彦先生・片見明美THP・笠井恵子THPのご活躍が新聞に取り上げられましたので皆様にご紹介いたします。

newsletter154_2

 事務局へのTHPに関する問い合わせも増えてきました。THPの活躍は、今後もどんどんご紹介していきます。皆様のご協力をお願い致します。

Return Top