ニュースレター

第155号ニュースレター

第155号ニュースレター

 日本在宅ホスピス協会です。第19回日本在宅ホスピス協会大崎大会まで、早いもので1ヶ月をきりました。申し込みはお済でしょうか。まだの方は、大至急申し込みをお願いします。
 今回のニュースレターは、大崎大会の大会長三浦先生からのお便りです。

ichou

日本在宅ホスピス協会全国大会in大崎の開催にあたって

大会長 穂波の郷クリニック 院長 三浦正悦

 東日本大震災から五年あまりが経過しましたが、宮城県の沿岸部では、今もなお復興に向けて必死の取り組みが続いていますが、ササニシキ、ゆきむすびなど多くの優れた品種を産んだ米の聖地として知られる大崎市も内陸最大の被災地として復興途上にあります。しかも、昨年秋、台風による甚大な被害に見舞われました。しかし、そこに住む人々はあきらめず、つながり、支え合いました。「人はいつからでも生き直せる」。私たちは幾度現場で実感したことでしょう。そして、在宅ホスピス緩和ケアの必要性が切実なものとなっていることをひしひしと感じています。

 穂波の郷クリニックは大崎市を中心とする約15万人のための在宅緩和ケア充実診療所であり、併設する緩和ケア支援センター“はるか”と共に、心に寄り添う緩和ケアと生活の質を高め一人一人の夢や希望を引き出し実現するコミュニティケアの複合体である「コミュニティ緩和ケア」を展開しています。我々は約10年前から、そのようにコーディネートする役割を担う人物を緩和ケアコーディネーターと名づけ、コミュニティ緩和ケアの最前線に配置し、みやぎ在宅支援ドクターネットの先生方とともに育てて参りました。それは、現在の日本在宅ホスピス協会で認定するトータルヘルスプランナー(THP)にほかなりません。これは“新しい医療のかたち”です。これからの超高齢化社会は、多職種の密な連携・協働・協調しながら地域コミュニティの力をいかに引き出せるかが大きなポイントとなります。緩和ケアコーディネーターは、限りある生命を意識しながら心豊かな関係づくりを展開し、医療・介護・家族・地域の人々を包摂しながら心のやり取りを重ね、小さな喜びづくりにあきらめないで懸命に取り組むチームリーダーであります。そこには緩和医療・緩和リハビリ・スピリチュアルケア・コミュニティケアなどの生きる力もエンパワーメントされ、かつ集約されてまいります。1つ喜びにつながるとそこに新たな力が生まれ、周囲の力が連鎖的に働き合い、自らの生きようとする力が蘇ってくるのです。この現象は、出会う人々に感動を呼び、思いもよらない出来事を引き起こします。また生命を愛おしむ心が以心伝心し、喜怒哀楽を精一杯表現しながら、魂は安らぎの境地に向かいます。そして患者さん一人一人が示して下さった人生の生き様が語り継がれ、同じように癌や難病を抱える患者さん・ご家族にとっての、希望ある人生のあり方、生き直しのできる物語りが始まるのです。

 最後になりましたが、ここ宮城県大崎の地に、全国各地のホスピス緩和ケアに携わる皆様がお出でになり、有意義なお時間を過ごせますように心よりお待ち申し上げております。


 最後に・・・アンケートの件
 前会長の川越博美先生が臨床教授を務めておられる、聖路加国際大学看護学研究科の院生より修士論文の研究協力依頼がありました。
病院・緩和ケア病棟・在宅のそれぞれに同じ様式のアンケート依頼をしている為、在宅のご遺族には少々不快な思いをなさる方もあるかもしれませんが、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、同封の返信用はがきで回答をお願い致します。

このアンケートは、日本在宅ホスピス協会は一切関係ありません。
ご質問・アンケート後の対応は全て直接、聖路加国際大学看護学研究科 林研究室まで
(TEL:03-5550-2259)お願い致します。

momiji

書籍紹介

HHA役員の阿部能成先生が編集されました書籍が発売になりました。
小笠原会長・田實武弥先生・阿部まゆみさん・大石春美さん・・・HHAの役員の方が多く執筆された書籍です。

終末期にある人がよりよいQOLを獲得し,最期まで輝いた人生を全うするために
終末期リハビリテーションの臨床アプローチ
編集 安部 能成book

定価 4,968円(税込)(本体 4,600 円+税)
B5判 336ページ 2色,イラスト115点,写真85点
2016年9月12日刊行予定

 

◆内容紹介◆

 超高齢社会であるわが国は,近い将来に多死社会を迎える。増加する終末期患者がより良いQOLを獲得して最期まで輝いた人生を全うするために,また介護負担軽減のためにも,終末期リハビリテーションはかかせないものとなる。
本書は,病院,ホスピス,在宅といった治療場面別に,終末期リハビリテーションの実際を解説した書籍である。終末期リハビリテーションに必須であるチームアプローチについて,医師,看護師,理学療法士,作業療法士といった多職種の執筆者が,各職種が行っていること・行えること,また他職種に行ってほしいことなどを,それぞれの視点から解説している。リハビリテーション専門職だけではなく,終末期患者に携わる医療職全般にお勧めの書籍である。
 ぜひ本書を,終末期患者のQOL維持・向上に役立ててほしい。

 

 

会長よりお知らせ!!

face

 勇美財団からの寄付金で在宅ケアアライアンスが発足し2年が経過しました。
 9月から地域緩和ケア普及プロジェクトも始まりHHAの役員・会員も協力しています。THP育成も視野に入ってくると思います。とりあえずご報告まで・・・

◆地域緩和ケア普及プロジェクト ワーキングメンバー責任者・副責任者

計画1 がん疾患医療職育成
責任者:蘆野吉和役員
副責任者:吉澤先生、渡辺邦彦役員
計画2 がん疾患介護職育成
責任者:鈴木先生
副責任者:城谷先生、吉澤先生、廣橋先生
計画3 化学療法中止基準策定
責任者:柵山先生
副責任者:谷水先生、高橋先生、廣橋先生、勝俣先生、
串田先生、小笠原文雄会長、長尾先生
計画4 非がん疾患医療介護職養成
責任者:平原先生
副責任者:大貫先生、西川満則役員
計画5 在宅専門緩和ケアチーム人材育成
責任者:小笠原文雄会長
副責任者:齊藤先生、山崎章郎会員渡辺邦彦役員
計画6 ボランティア育成
責任者:谷田先生

※ 他にもHHAの会員がメンバーになっています。
参加を希望される方は、小笠原まで直接連絡をお願いします。

susukitonbo

 

 

 

 

Return Top