ニュースレター

第121号ニュースレター

『命のリレー』

去年の8月23日、私のクリニックに一通のメールが届きました。

それは私が13年前に、在宅ホスピスケアの末に看取ったTさんのお孫さん将来(マサキ)君からのものでした。将来君は彼の母と祖母の介護日記を読み、祖父Tさんの「家で死にたい」という希望がかなえられた在宅ホスピスケアの顛末を聞いて、夏休みの宿題作文を書きたかったのです。私の返信を参考に書いた作文は、「命の作文コンクール」で銅賞となりました。

Tさんの在宅ホスピスケア期間は37日と短かったのですが、将来君(当時1歳)のお母さんのお腹には弟が宿っていたのです。将来君の祖母であるTさんの奥様は、「お父さんは、この子が生まれるところは見られないけど、見守ってあげてね。」と話せなくなった夫にやさしく伝えていました。

また、将来君は「今は在宅ホスピスや尊厳死について、まだ多くの人が知らないのではないかと思いますが、もっと多くの人に浸透して、自分らしい最期を迎える権利を選択できるようになることを望みます。」と作文を結んでいました。

これは真に命のリレーであり、彼の作文は看取りという文化の伝承ではないでしょうか!

在宅ホスピス協会会員 野村良彦(野村内科クリニック 院長)

Return Top

Warning: getimagesize(/home/amamist/n-hha.com/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/amamist/n-hha.com/public_html/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 990