ニュースレター

第122号ニュースレター

『ようこそ、万葉の町 高岡へ』

皆さん、1年ぶりの再会でしょうか、今年の在宅ホスピス協会全国大会は、北陸は富山県、高岡市で開催となりました。思えば1年前、愛媛・松山開催として坊ちゃん、そして千と千尋の神隠しゆかりの道後温泉・山の手ホテルで、在宅ホスピスケアについての現場での問題点を熱く語り合い勉強してから、それぞれ成長して新たな課題にぶつかってきたことと思います。

今回、大会を高岡で行うご指名をいただいた際、少々当惑していたことを思い出します。それは、私達病院医療者は本当の在宅ホスピスケアの現場を語り、討議する知識や経験を持ち合わせているのかという不安でした。本会会員の皆さんは、まさに毎日が在宅ホスピスケアの現場で汗をかき、涙を流して走り回っている方々であることは、ほんの少しの時間で十分に理解できました。

では、私達は、急性期病院の医療者は、高岡で何を提起すべきか。それは、がん患者の多くは病院での治療を受けていることから、病院と在宅ホスピスケアの現場がシームレスに連携され、患者が迷うことのない在宅ホスピスケアが提供されることだと考えました。

また最終日には、富山県における在宅ホスピスケア普及のためにと題して市民公開シンポジウムを企画いたしました。富山県でも各医療圏において在宅ケアに取り組んでいる在宅医、病院として在宅ホスピスケアを支える取り組みを始めた施設もあります。この議論を深めることで、現在最も在宅療養支援診療所の少ない富山県における在宅ホスピスケアが普及することを期待したいと思います。

「玉くしげ二上山に鳴く鳥の声の恋しさ時は来にけり」大伴家持が奈良の二上山と同字の高岡の二上山に望郷の念を抱きながら詠んだ歌ですが、皆さんもこの3日間、故郷を離れ高岡の地で熱く語っていただきたいと思います。

2日目には大会恒例の開催地での小旅行も用意いたしました。また懇親会では、松山でお約束した、富山ゆかりの民謡もお楽しみいただけると思います。開町400年記念の年、万葉の町、高岡で皆様を心からお待ち申し上げております。

在宅ホスピス協会会員・第12回全国大会(高岡)大会長 村上 望(富山県済生会高岡病院 緩和ケア委員長)

Return Top