ニュースレター

第133号ニュースレター

地域に根ざした在宅緩和ケアを

愛媛県にもがん対策推進委員会がありますが、その中に在宅緩和ケア推進協議会なるものが立ち上がりました。そのメンバーに入れていただくことができ、県の後押しもあり、今年度から3年計画で、在宅緩和ケアの普及に関するモデル事業が立ち上がることになりました。
数年前には見向きもされなかった在宅緩和ケアシステム構築に関する提案も、今ではお金をつけてくれるほどになり、行政の力って本当にすごいなと実感します。
愛媛県は、東予・中予・南予と分かれており、それぞれの地域が抱えている課題には違いがあります。例えば、医療資源は中予の松山市に集中しており、山間の南予には在宅資源自体が少なく、医療機関や事業所を選べる程の数がありません。東予は、入院ベットをもつ医療機関が多く、在宅の発展がやや遅れています。小さな愛媛県の中でも地域格差はあり、一概に在宅緩和ケアを広めようと言っても、じゃあどうするのかと問われると得策が出てこなかった現状があります。
今回、モデル事業として行おうとしているのは、大きな課題を抱える東予や南予に焦点をあて、そこにある地域資源を最大限活用して在宅緩和ケアチームを立ち上げていこうという試みです。行政から振ってくるお金は、使い道が限られていて、本当に必要なところにお金が降ってこないのですが、このモデル事業では、その地域の状況に応じて教育的、金銭的なサポートをし、モデル事業が終了した後も、その活動が地域に根ざして継続していくことを目的としているのが特徴です。実際、地域でがんばっている医療機関や開業医の先生方が手を上げてくれており、在宅緩和ケアに取り組みたいと思っておられる医師の存在も見え始めてきました。もちろん育成する在宅緩和ケアチームには訪問看護やコーディネーターも必要ですし、患者・家族の安心のためのバックベットも必要ですので、それら全体を地域の実情に合った形で育成しシステムを構築していこうと考えています。

「その地域に住んで頑張っている人たちの声から作り上げた、その地域特有の在宅緩和ケアシステムの構築に向けて行政が支援する」というとても夢のある企画に、プレッシャーを感じつつも期待を込めて力を尽くしているところです。実際にうまくいくかどうかはこれからの動き次第ですが、「理想に向かうことは大切!!これからは、現場主導だ!」と思う今日この頃です。

ベテル在宅療養支援センター 所長 吉田美由紀


御挨拶

皆様、第14回日本在宅ホスピス協会全国大会in 飯塚に、多数ご参加いただきまして誠にありがとうございました。
大会会場の嘉穂劇場では皆様の熱気に満ちた言葉が飛び交い、とてもにぎわいました。枡席ならではの在宅ホスピス井戸端会議は、時間が足りないくらいの盛り上がりでした。ウェルカムパーティーでは二ノ坂保喜先生のオカリナ演奏、懇親会では石井のり子さんのハンドベル演奏で、会場を盛り上げていただきました。交流会でも夜遅く、終了時間ギリギリまで熱い語りあいが続きました。最終日のグループワーク報告会では、さすがと思われる意見が多く出されていました。夕張希望の杜の村上智彦先生の市民公開講座では、ユーモアあふれる御講演に笑い声が絶えず、その一方で心に染み入るようなメッセージを多数頂きました。
大会にご参加いただいた皆様が、なにか一つでも良かったと思っていただければ幸いです。ここで新たに生まれたネットワークが、少しずつでも確実に育っていくことを願っています。
準備の初期段階から、多くの方に支えていただき無事に閉会することができました。
この場をお借りして、小笠原文雄会長、川越厚顧問他、協力者の皆様に心から感謝いたします。
今回の大会は、当地飯塚をはじめとしてこの筑豊地区に、多くの在宅ホスピスの心が育つ大きなきっかけになったと、地元の方々からもお言葉を頂きました。
皆様、本当にありがとうございました。

第14回日本在宅ホスピス協会全国大会in飯塚
大会長 飯塚病院 緩和ケア科 牧野毅彦

Return Top