ニュースレター

161号ニュースレター

161号ニュースレター

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回のお便りは、小笠原会長と 11 月より就任いただいております武田俊彦新顧問の新年 のご挨拶、1 月 12 日に開催しますデスカンファレンスについてのお知らせです。

小笠原文雄会長からの新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。巷では、「平成最後の〇〇」がキーワードであるかのよう に、至る所でその言葉を耳にします。平成 7 年イノシシの年に設立された日本在宅ホスピス協会と しては、今年で 24 歳の年男(年女?)です。設立以来、末期がん患者さんとそのご家族の「最期 の時を自分の家で、自分らしく過ごしたい」という願いを叶えるために、猪突猛進の如く、在宅ホ スピスの道を進んできました。その間、社会情勢は大きく変わり、科学技術の発展は目覚ましいも ので、いよいよ 5 月には元号も変わりますが、人々が「自分らしく生きたい」という思いは変わり ません。新しい時代を迎えても、その希望を大切にしながら今後も歩んでいきたいものです。
今年は、全国大会が 9 月 27 日(金)~29 日(日)山梨県甲府市で開催されます。温泉を満喫し、 美味しいフルーツとワインをお供に皆様とホスピスケアの輪を広げていけることを楽しみにして おります。また、1 月 12 日(土)19:56~に日本テレビの「世界一受けたい授業」に小笠原が出演 します。皆様でご覧いただきながら、生き方・死に方について、日本での在宅ホスピスについて、 考えるきっかけになりましたら幸いです。そして、今年 4 月には、名古屋で医学会総会開催されま す。「人生最終段階における生き方・死に方を考える ACP」などをテーマにしたシンポジウムでし っかり討論したいと思っています。

小笠原文雄

武田俊彦新顧問からの新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 昨年、日本在宅ホスピス協会の顧問にご承認いただき、在宅ホスピス推進のお仲間に入れていただ きました。お世話になります。新年もどうぞよろしくお願いします。
さて、昨年は、「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改定が行 われ、このガイドラインにおいて ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の考え方が取り入れ られました。このガイドラインが診療報酬においても取り入れられたこと、そしてこの ACP とい う謎めいた英語が分かりにくいため、どう呼ぶべきか国で議論することにもなったことから、多く の方の関心を呼び、各地で勉強会も開かれました。
元々、このガイドラインは、病院向け、医療従事者向けに作られたものでしたが、この考え方を 医療だけではなくケアに広げ、さらに家族などで何度も話し合うということに考えがひろまったこ とを考えれば、もはや医療の専門家だけが知っていればいいというものではなく、国民全体の問題 に格上げされたわけです。ですから、1人でも多くの人に知ってもらうべく、「人生会議」と命名 されるなど、この動きは大変いいことだと思っています。
ただ、であればこそ、医療に携わる人々の責務も重くなったのだとも思います。1人1人にとっ ては一度しか経験できない人生です。どう老いていくのか、どういう選択をしたらどのような経過 をたどることになるのか、未知の世界が未知のままでは、選択も決定もできないのだと思います。 圧倒的多数の方が病院でお亡くなりになるようになってから数十年、病院での最期しか見ていない 日本人が多数になっています。在宅という選択肢があることはだいぶ広まってきたとは思いますが、 具体的にイメージすることは、多くの方にとって難しいのだと思います。
そこで、専門職の出番です。支える医療の基本にあるべきものは、患者の意思を支えることであ
り、そのためには意思決定そのものを支えることが重要なのだと思います。
新年が在宅ホスピスにとって、さらなる飛躍の年になることを願っています。

厚生労働省政策参与
日本在宅ホスピス協会 顧問 武田俊彦


『在宅緩和ケアの現場において難渋した症例のデスカンファレンス』の開催について

平成31年1月12日(土)東京都立川市、立川市女性総合センターアイムホールにて、緩和ケア多職種 連携カンファレンス『在宅緩和ケアの現場において難渋した症例のデスカンファレンス』(主催:立川市医 師会、共催:日本在宅ホスピス協会、立川市、多摩緩和ケアネットワーク)を開催致します。
立川市での日本在宅ホスピス協会共催デスカンファレンスは今回で2回目となり、前回は約100名の病 院、施設、在宅医、看護師、薬剤師、ケアマネージャー、その他参加者のなかで行われました。
今回は立川市『平成30年度医療と介護の連携強化に関する介護支援専門員研修事業』の研修カリキュラ ムに組み込まれており、ケアマネージャーに多数ご参加いただき在宅ケアの現場で難渋した症例の検討を通 じ、学びを深め、意見交換をすることで医療と介護の連携強化を進めて参りたいと考えております。

『病識不足からの不安、そして意思決定までの1症例を通して』
『言葉の壁に難渋しながらも、介護者を支え在宅でお看取りした症例』
『下半身麻痺、褥瘡を抱えながら在宅で癌終末期を過ごしたケースから学んだこと』

以上3症例について、病院、在宅医、訪問看護ステーションからのプレゼンテーションののち、会場から の参加者を交えてのディスカッション方式で進めて参ります。また、小笠原も少しお話させていただきます。 多数の御参加お待ち申し上げます。

時 間:13時30分~16時30分(開場13時)
対 象:医療・介護関係者
参加費:無料
申込み:メール info@tpc-net.com または、FAX042-534-6965 にて(期限 1 月 10 日まで) 定 員:196名
事務局:立川在宅ケアクリニック内 042-534-6964(瀬山) 日本在宅ホスピス協会
〒500-8455 岐阜市加納栄町通 5-12
TEL058-273-5250 FAX058-273-6063
E-mail n-hospice@n-hha.com
https://n-hha.com/


Return Top