日本在宅ホスピス協会

日本在宅ホスピス協会

058-273-5250月-金 9:00~19:00/土 9:00~12:00

12月3日(土)~4日(日)で福井にて行われました、第25回日本在宅ホスピス協会のアーカイブ配信が始まっております!

参加登録をされていた方々にはすでに公開済みです。

参加ご登録をしていない方で、アーカイブ配信をご希望の方には

こちら https://hhafukuiarchive.peatix.com/ よりお申込みいただけると動画をご視聴頂けます♪

先日、日本在宅ホスピス協会会員様宛にお送りしたニュースレターに、

全国大会参加申し込み用のQRコードをお送りさせて頂いたのですが、

Day1とDay2のQRコードを逆に掲載しておりました。

会員様には早急に、正しいQRコードを記載したものを再送させて頂きます。

 

正しくは下記の通りでございます。

大変申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます。

 

★大会長のご挨拶★

オレンジホームケアクリニック 院長 宮武寛知先生

25回日本在宅ホスピス協会全国大会を福井で開催いたします。

私のような若輩者に対して大会長という貴重な機会をご提供くださいました、

日本在宅ホスピス協会会長 小笠原文雄先生はじめ、協会の方々には心から感謝申し上げます。

さて、今大会のテーマを「多世代で考える在宅ホスピス〜生活の場で引き継がれる想い〜」といたしました。

先輩方のご尽力のおかげで、多くの患者さん達が住み慣れた場所での最期を迎えることができるようになってきています。

病院から住み慣れた場所へ、という認識は私が医師になった約10年前よりもかなり拡がっていると感じています。

住み慣れた場所で本人の希望に沿った最期を迎えるにはどうしたらいいか。

この議論をさらに深めるために、在宅ホスピス創成期から現在に至るまでの足跡を辿り学ぶことで、

医療としてさらに押し進められないかと考えています。

また、最期を支えるのは決して医療職だけではありません。

生活を支える介護・福祉職の力もなければ、十分ではないことは明らかだと思います。

そのため、その分野の第一線でご活躍している方々とも議論し、これからの在宅ホスピスの形を模索できればと考えています。

今後より直面する多死社会において、今を作ってきた先輩方からこれからを担う若手が集い学び合うことで、

どなたもいい人生だったと思えるような在宅ホスピスケアを強化できればと思います。

皆様からの温かいご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

★第25回 日本在宅ホスピス協会 全国大会★

Day 1.プログラム】

■日 程:2022年12月3日(土) ※前回のニュースレターでご案内した日付が誤っておりました。訂正してお詫び申し上げます
■時 間:9時50分〜17時30分(予定)
■形 式:オンライン配信(後日アーカイブ配信あり)

開会式
第1部 講演会「多世代で考える在宅ホスピス」
基調講演 調整中
ゲスト講演 佐々木淳 (医療法人悠翔会理事長)
大会長講演 宮武寛知(オレンジホームケアクリニック院長)
会長講演 小笠原文雄 (日本在宅ホスピス協会会長)
特別対談 佐々木淳 、小笠原文雄、宮武寛知、紅谷浩之(医療法人社団オレンジ 理事長)

 

第2部 シンポジウム「生活の場で引き継がれる想い」
宮武寛知(オレンジホームケアクリニック院長)
菅原健介(ぐるんとびー 代表取締役)
首藤義敬(多世代型介護付きシェアハウス「はっぴーの家」 代表)
唐川恵美子(医療法人社団オレンジ ほっちのロッヂ 文化環境設計士)
    
第3部 特別対談
堀田聰子(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 教授)
藤岡聡子(福祉環境設計士。()ReDo 代表取締役。医療法人社団オレンジ理事。)

閉会式

Day .市民公開講座】
■日程:2022年12月4日(日)  

■時間:10時50分〜12時30分 
■開催形式:ハイブリッド開催(現地開催*+オンライン配信)
      *福井会場 フェニックス・プラザ 地下大会議室A(福井県福井市田原1丁目13-6
■参加対象:どなたでもご参加いただけます

開会挨拶
第1部 特別講演 小笠原文雄(日本在宅ホスピス協会会長)
第2部 特別対談 小池真理子氏(作家)・小宮山洋子氏(元厚生労働大臣)
閉会挨拶


主 催:日本在宅ホスピス協会

後 援:福井県、福井市、一般社団法人福井県医師会、一般社団法人 福井市医師会、公益社団法人福井県看護協会 会長 江守直美、福井県訪問看護ステーション連絡協議会、一般社団法人 福井県薬剤師会、公益社団法人 福井県理学療法士会、一般社団法人 福井県作業療法士会、一般社団法人 福井県社会福祉士会、一般社団法人 福井県介護福祉士会、公益社団法人 福井県栄養士会 
助 成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

事務局:医療法人社団オレンジ オレンジホームケアクリニック 

参加費

・医師、歯科医師、薬剤師 3,000

・上記以外の職種     2,000

・学生(大学院生・社会人学生を除く)1,000

 

<参加登録方法>

25回 日本在宅ホスピス協会Day 1.

https://hhafukui.peatix.com/

 

25回 日本在宅ホスピス協会Day 2.市民公講座

https://hhafukuiday2.peatix.com/

HHAの理念「在宅ホスピスケアの基本理念」が

このたび発売の『薬剤師、在宅へ行く。』に転載されています。

多職種連携・地域包括ケアシステムの重要な役割を担う薬剤師。
現場のご経験事例をもとに、分かりやすく解説して下さっている1冊とのことです!
ご興味のある方はぜひ、書店やネットでお手に取ってみてくださいね😊

 

『薬剤師、在宅へ行く。』

◆編集代表:北河修治

◆編集:岩川精吾、髙尾宜久、長嶺幸子

 詳細はこちらから☟

https://www.nanzando.com/products/detail/78591

 

*★*―*★*―*★* ご紹介文(紹介サイトより引用) *★*―*★*―*★*

45の事例と学ぶ 在宅デビューの“お守り”BOOK

在宅医療のニーズが高まるなか、
薬剤師による薬学管理もチーム医療において求められています。
しかし、在宅医療を始めることに不安や悩みをもっている薬剤師は少なくありません。
本書は、患者宅への訪問から薬剤管理、患者サポート、看取りへの備えなど、
在宅医療だからこそ起こるさまざまな課題に対し、
どのように患者と向き合い解決できるのか、
現場の薬剤師が経験してきた45の事例をまじえて解説しました。
また,医療保険制度や介護保険制度、居宅療養管理指導の基礎知識についても
わかりやすく解説しています。

「在宅デビューしたけど不安…」のお守りになる1冊です!

*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*―*★*

梅雨に入り、じめじめと蒸し暑い毎日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

本日は、第25回日本在宅ホスピス協会全国大会の開催概要についてお知らせさせて頂きます!

※下記予定は現段階のものです。

 

============================

 

◆開催日時 1日目:2022年12月3日(土) 13:00-17:00

      2日目:2022年12月4日(日) 10:00-12:00

◆開催場所 オンライン開催(市民公開講座のみ会場とオンライン配信のハイブリッド形式を予定)

◆対  象 在宅ホスピスに従事する医療・介護専門職、一般市民、行政、学生など

 

◆開催事務局 医療法人社団オレンジ オレンジホームケアクリニック(福井県福井市田原1丁目2-20)

◆大   会   長 宮武寛知 先生(医療法人社団オレンジ オレンジホームケアクリニック 院長)

◆事 務 局 長 西出真悟 先生(医療法人社団オレンジ オレンジホームケアクリニック 副院長)

 

≪ 開催目的 ≫

 1.在宅ホスピスケアのネットワ-クづくり

 2.在宅ホスピスケアを志す人材育成

 3.一般の人々を対象にした広報・教育活動

 4.アドバンスケアプラニングの理解促進

 

≪ 開催内容 ※予定 ≫

 1日目は、開会式、基調講演、そして5つのテーマにてシンポジウムを予定しています。

 シンポジウムについては、在宅ホスピスにおいてこれまでの変化を振り返りつつ、

 これからの多死社会における在宅ホスピスのあり方について、さまざまな取り組みの紹介を通して、

 参加者の皆さまと考える機会にしたいと考えています。

 また、これまでの大会においては取り上げられる機会が少なかった“小児”、“僻地医療”をテーマに予定しております。

 2日目は一般市民が在宅医療、在宅ホスピス、そして人生会議について学ぶ機会として市民公開講座を予定しています。

 詳細については決定次第、随時発信してまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

============================

© 2015-2020 HOME HOSPICE ASSOCIATION
keyboard_arrow_up